八達嶺まで長城号で行くこと

  • 2016.04.06 Wednesday
  • 23:21


 北京でしたかったこと〜いわゆる万里の長城までを列車で行くこと。中国で列車に乗るイメージは何だか怖いものがある。時刻表などはネットで調べて、チケットは北京北駅で買うことにしたのだが、ホテルの人に取り敢えず往復ではなく、片道のチケットを駅でスムーズに買えるためにメモを作ってもらった。
 北駅までタクシーで行くと、案の定警察が自動小銃構えて入口を遮断してお出迎え。旅券を見せて入ろうとすると、向こうへ行けとの合図、再び同じことをすると、横柄な態度ではあったが、切符売り場を教えてくれた。
 ようやく切符を手に駅構内へ。時間があると思って油断していたのだが、時刻表を見て出発の時間があまりなく、人々も列車があるホームを駆け出すのを見て私達も駆け出した。間一髪だった!それでもなかなか座る椅子が空いていない、車両を移動してやっとのことで座れた。列車の中では飲み物の販売もしている。窓の外を見れば山には桜のような木が花をつけている。やがてスイッチバックして列車は目的地の八達嶺駅に着いた。




 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 23:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    忘れられない旅行

    旅は思い出をたくさんつくるためのものですね。そしていろんな人と出会って、知り合いになる。旅は自分を高めます。そして出会った相手も変える力をもっています。

    わたしの本屋さん

    最近本屋さんを作ろうと思い、つくってみました。まだまだ多くないですが これから暇を見て蔵書を放出しようと考えています。 https://yomitaihon.thebase.in/

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    風の仕業
    風の仕業 (JUGEMレビュー »)
    村木野 惠
    ぼくが描いたはじめての恋愛小説

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM