ホーチミンからニャチャン(ベトナム)へ

  • 2015.05.20 Wednesday
  • 20:26


 海とbeechと椰子の樹

 beechのあちこちに寝そべる人がいた


 ホテルはこのようなバンガローになっている

部屋からrestaurantやpoolsideまで坂を少し歩く(そこから見た眺め)

 ジャグジーがあって、海で浸かった後の塩をぬぐう

 

 想像できると思うけど、ここで泳ぐと、とても気持ちいい

 



 食事は最高だね...これはbreakfast

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜のレストラン

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の食事はbeerがすすむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストラン、プールサイドその前に浜辺があり、海が広がる...

 ここでは聞いたこともないような鳥がいている


ホーチミンシティでたくさんの思い出を作ったあと、友人の見送りを受けてから
Vietnam Airlines でニャチャン NHA TRANS へ向かった。ニャチャンは、まだ聞
きなれない人がほとんどだと思う。私だってこの間までここを知らなかった。
利用した航空会社は、
JETSTAR。詳しく言えば、ホーチミンシティにある
タンソンニャット国際空港
Tran Son Nhatからカムラン空港Cam Ranhまで飛び、
飛行場からはタクシーを予約して船着き場に向かった。タクシーは女性ドライバーで
無口だった。ほんとに行先が解ってるのかとちょっと不安になった。案の定彼女は、
着いたと合図をしたが、そこは船着き場ではなかった。
説明すると、時間のロスを埋めるように船着き場までタクシーを再び走らせた。
彼女に少し礼をして、波止場の案内所に行くと、何故か私たちが今日来ることを
すでに了解していた感じで、段取り良く、荷物を船に運んでくれ(ホテルの人だった
思う)他に客がいないボート(30人くらいは乗れそう)に乗り移り、私たちが目指す島
ホンタムリゾートを目指した。
海の上の方を見上げるとロープウエイが他の島と結んでいた。幾つかの島を巡って、

われわれの島「ホンタム島」に着いた。絶海の孤島というには大げさだが、もうそこでは

自然以外に何もなく、いわゆる街の景色とは完全に切り離された空間が広がっていた。
もちろん海も青く澄んでいて、すでに避暑地としてここを選んだ観光客が泳いだり、浜辺
で寝そべったりしていた。
私たちも海で泳いだり、そのあとにはジェットバブルのジャグジーやプールで塩水を洗い
落としたりして楽しんだ。

ここでは3泊してゆっくり寛ぐことにした。心配だった蚊は殆どいなかった(予備知識を得
て用意していた蚊取り線香は必要なかった)。最初にロッジのような建物の中にあるロビー
で説明を受けたのだが、私たちが泊まる部屋は二つあるが、担当のロビーの女性は料金が
高くなるがいいか、と何回も念を押した。彼女の説明は2 rooms だったが、実際は2 houses
だったのだ。 バスからツイン・ベッド、何もかもがあるハウスが隣り合わせになっていた。
部屋に入ってからもう変更するのも頂けないからそのままにした。庶民感覚だと「勿体ない」
とか「むだ」ということになるのだが、リッチな気分を味わったと云えなくもない。

そこかしこから名前も知らない声で鳥がなくし、まさに秘境か、この世の楽園のような様な
別天地で、時間が流れているのも分からないほど、穏やかにその島での数日は過ぎて行った。

 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 20:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    忘れられない旅行

    旅は思い出をたくさんつくるためのものですね。そしていろんな人と出会って、知り合いになる。旅は自分を高めます。そして出会った相手も変える力をもっています。

    わたしの本屋さん

    最近本屋さんを作ろうと思い、つくってみました。まだまだ多くないですが これから暇を見て蔵書を放出しようと考えています。 https://yomitaihon.thebase.in/

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    風の仕業
    風の仕業 (JUGEMレビュー »)
    村木野 惠
    ぼくが描いたはじめての恋愛小説

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM